女性写真投稿の掲示板は「妻をプロデュースする」へ
  • 写真展
  • ランジェリー
  • 水着
  • セミヌード
  • 美脚
  • ノンアダルト・ポートレート
  • オールヌード インドア
  • オールヌード アウトドア
  • 金恋詩 ?キミ恋し?
  • 一期一会の追憶
  • モデル
  • レタッチ&イラスト
  • 妻プロ初心者様
  • 企画・参加型カテゴリー
  • 東亞寫眞タイムズ
  • 妻プロ ぷらいべーと
  • お知らせ
  • 男の目線

本当にこの投稿を削除しますか?
削除する場合は、削除キーを入力し、削除ボタンを押してください。

Res No.8 東 京 にお住まいの ふー助 さんの投稿 41歳 男性 2019/07/21(日) 11:09

☆写楽 さん・・・女性の持つ魅力で「清楚」と「妖艶」、この相反する異なる魅力を表現するには着衣とヌードに分ければ単純です。このギャップが男目線を楽しませ、「私、脱いたらすごいんですよ」みたいな意外性がウケたりするものです。このギャップが大きければ大きいほど興奮度が高まり期待感が増すようです。

☆坂東太郎 さん・・・屋外であっても画像にメリハリをつけるためレフ又はストロボを焚いています。女性の表情を捉え方ですがそれは様々ありますが、女性が無心、つまり頭の中は真っ白状態であってもそれなりの表情は撮れますが、何枚撮っても同じ顔に写ります。ちょっと感情を込めて何かを考えてもらうようにすると表情が生きてきます。演じてもらうとか心の中で歌を歌ってもらうとか、さらに手足を感情と連動させて動かしたり、腰をひねったりすればポーズも決まってきます。シャッターを切るタイミングで動いてもらうといいです。被写体のテンションが高まればボツ画も減ります。
なつきをふー子に会わせたこと、人徳はありません。ふー子からは最低とよく罵られたものです。

☆SUDATHU さん・・・この年代の女子と2年半も会わないでいると変わったなという印象が強くありますが、しばらく接していると自分の知っているあの子に戻っていたという経験があります。当然体にしても同様です。太った、痩せたはありますが、そうそう人は変わるものではないですね。

パスワード