女性写真投稿の掲示板は「妻をプロデュースする」へ
  • 写真展
  • ランジェリー
  • 水着
  • セミヌード
  • 美脚
  • ノンアダルト・ポートレート
  • オールヌード インドア
  • オールヌード アウトドア
  • 金恋詩 ?キミ恋し?
  • 一期一会の追憶
  • モデル
  • レタッチ&イラスト
  • 妻プロ初心者様
  • 企画・参加型カテゴリー
  • 東亞寫眞タイムズ
  • お知らせ
  • 男の目線

本当にこの投稿を削除しますか?
削除する場合は、削除キーを入力し、削除ボタンを押してください。

妻の水着姿パート4

東 京 にお住まいの アウトドア さんの投稿 ??歳 男性 2019/11/27(水) 22:03

久しぶりの投稿です。
水着シリーズは終了の予定でしたが、新しいビキニの画像がありましたので、ご覧ください。
湘南の鵠沼海岸で撮ったスナップショットとレジャープールでのショットです。
レジャープールでの画像は、前回、イエローのワンピース水着の画像を投稿しましたが、一度に貼れる枚数は4枚が限度ですので、イエローのワンピース水着がTバックであることを示すために、ここに追加投稿したものです。

では、前回に続いて妻のキャンペーンガール体験を説明します。
キャンペーンの内容は、浜辺の仮設ステージにおけるサンオイルなどの夏の化粧品の宣伝、浜辺にいる海水浴客への試供品の配布そしてアトラクションとしてステージ上での水着撮影を全て水着姿のままで行ったのだそうです。
この中で思い出に残っているのは海水浴客への試供品配りだったそうで、座っている海水浴客からは 間近からハイレグ水着を見上げられるし、男性だけでなく女性の視線も遠慮がなかったので、一番恥しかったとか・・
水着撮影は、それほどきわどいビキニではないし、またある程度距離が離れていたので、そんなに恥しさを感じることもなく、すぐに慣れたとのこと。ただ、撮影会が終わると、素人カメラマンから個人撮影を申し込まれることもあったので困ったそうです。
学生時代にキャンペーンガールを2シーズン務め、終わり間際にレースクイーンを誘われた妻は、友達に相談すると「この業界に深入りすると、過激なコスチュームを着せられたりヌード写真を撮られたりして、その写真が雑誌に掲載されることもあるそうよ!」と脅かされて、結局、断ったそうです(笑)
こうした多くの人に水着姿を披露してきた経験が、人に見られることに慣れるとともに、秘かに見られることへの快感を芽生えさせたようです。

パスワード